HARIBO TIMES

2015年9月よりハリネズミを飼い始めた主婦による、ハリボウ(愛称はりぼっちゃん2015/6/29生まれ)の観察日記です。一向になつかないはりぼっちゃんとの暮らしを一生懸命描いたヘタなイラストでつづります。

小屋の裏の戦い

 

こんにちは。

 

1mmもなついてないハリネズミ

はりぼっちゃんの飼い主です。

 

お盆を挟んだら、
すっかりブログの書き方を忘れました。

そして、またしても懲りずにウン○の話題…お許しください。次こそは綺麗な話を…!

 

 

 

 

 

最近の心配事の話なんですが…。

 

実は、はりぼっちゃんが、

 

 

 

 

 

 

朝の散歩をサボるようになってしまったのです。

 

 

毎朝ケージを掃除する間

部屋の中を自由に散歩させているのですが、

 

そう、前の記事でお気に入りだとお伝えした、あの「定位置」に専ら駆け込んでしまい動きません…。

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170812124623j:plain

本棚の下です。

心の余裕を感じる尻見せ。

 

 

 ↓ 『定位置』について詳しくはこちら

poteharibo.hatenadiary.jp

 

 

 

はりぼっちゃんはこの『定位置』に行くため、最短コースを猛ダッシュで駆け抜けます。

 

 

図にすると、こうです。

 

 

f:id:poteharibo:20170812124541j:plain

 

 

 

f:id:poteharibo:20170812124553j:plain

 

…と、こんな感じ。

 

 

そんな逃げ込むかのように…。

今まで楽しんでいると思って微笑ましく見ていた へやんぽ は、義務だったのか??と、ちょいと切なくなるほど。

 

 

 

 

 

こうなるとひとつ、困ることが。

 

 

ハリネズミは体の構造がどうなっているのか、運動すると弾みで排泄するみたいなんですよ。

例えば回し車しながらプリプリしたりとか。

 

 

 

意外に素早いはりぼっちゃんが、

『定位置』に到着するまで、ものの5秒ほど。

 

そのあとはまるで道端のおまんじゅう…。

 

 

 

 

掃除が終わって飼い主に引っ張り出されるまで、一歩も動く気配ナシです。

 

 

これでは出るものも出ません。

 

 

 

 

 

 

ところではりぼっちゃんのウン○についてはよくお話しますが、小さいほうについては

 

f:id:poteharibo:20170812124644j:plain

と、毎回こんな様子。

 

すべての動きを止め、全身全霊です。

にゅうっと自動的に出てくるウン○よりも、慎重に作業を行っています。不思議です。

 

 

 

 

 

さて、出すものを出すため!!

飼い主は心を鬼にして……

 

 

 

 

 

進路を塞いでみました。 

 

 

 

 

 

 

 

朝、いつも通り一目散に

『定位置』へと向かうはりぼっちゃん。

 

 

 

f:id:poteharibo:20170812124711j:plain

 

 

f:id:poteharibo:20170812124725j:plain

 

 

f:id:poteharibo:20170812124735j:plain

 

 

f:id:poteharibo:20170812124747j:plain

 

 

 

やはりハリネズミの知能は低いのか、何度もトライ&エラーするはりぼっちゃん…。

当然あるはずの道がなくなり、うろたえます。

 

 

そして、うろうろしているうちに

自動的に排出されてくるウン○…!

 

 

 

とりあえず作戦成功です。

笑っちゃかわいそうだが…お間抜けな姿。。

 

 

 

 

しかし。

 

喜ぶ飼い主に、このあと悲劇が…。

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170812124815j:plain

じょーーーっ

 

 

 

 

 

そ、そこでしますか…!!

 

 

 

 

 

なぜだか器用に隙間にガニっとまたがって

布の座椅子布の収納の間で小さいほうをなさったはりぼっちゃん。あぁ〜染み込むよ!

 

 

 

イラついていたのでしょうか。

 

雑にガニっとまたがる仕草が

やけに漢らしかったです。

 

 

 

 

 

↓おまけ↓

f:id:poteharibo:20170823165616j:image

その後も毎日同じようにうろたえたあと、

気がついて座椅子を越えていくハリネズミ

 

あんまり学習しません。毎日が発見だね!