HARIBO TIMES

2015年9月よりハリネズミを飼い始めた主婦による、ハリボウ(愛称はりぼっちゃん2015/6/29生まれ)の観察日記です。一向になつかないはりぼっちゃんとの暮らしを一生懸命描いたヘタなイラストでつづります。

相手に腹が立った時の心の持ち方 〜ハリネズミとの関係から考える〜

 

こんにちは。

1mmも懐いてないハリネズミ(ハリボウ 通称はりぼっちゃん:オス1歳)の飼い主、nammです。

 

 

 

今回はこのようなタイトルで、ネットでよく見かけるライフハック的な記事テイストでお送りしたいと思います。

 

そして月曜日でだるいので、イラストはそのへんにあったかすれた筆ペンで失礼します。クオリティもいつもに増して残念な感じになってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこんな記事を書こうと思ったのかと言いますと、

わたくし今朝、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はりぼっちゃんにめちゃくちゃ噛まれました。

 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170508184748j:plain

 

 

うう、いまだに痛い。

 

 

ハリネズミに限らず動物に噛まれたらすぐに病院に行きましょう。(間違えて動物病院と書いていましたので修正しました…すみません。人間用の病院です。)

 

 

 

 

 

 

 

はりぼっちゃんはどっちかっちゅうと噛む方のハリネズミなので、噛むことは別に珍しいことでなく、過去に数回噛まれていますが(実家の犬にも3回ほど噛まれていますが)何度噛まれようと辛いもんは辛いです…。

 

 

 

 

 

 

痛いのは傷口だけじゃない。

 

 

 

 

心も痛みます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170508184824j:plain

 

 

 

なんで噛むんだ…。

 

噛まなくてもいいじゃないか…。

 

きっと私のこと嫌いなんだろうな…毎日はりぼっちゃんのためにお世話しているのに。

 

 

 

 

仕事をしていても、ふと気をぬくと、こんな心の声が鳴り止みませんでした。

 

 

 

 

 

 

こういった気持ちになることは、

相手が人間でもあるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

どういうつもりであんなこと言ったんだろう…信じられない。

 

とか、

 

なんでこんなめに遭わされなきゃいけないんだ…。

 

とかで、

 

あぁものっすごい腹たつわーー許さん!

 

ってなるわけですね。

 

 

 

 

 

…ありますよね。

私はすごいあります。

 

 

 

 

 

そういうとき、自分を傷つけた相手を非難したり憎んだりし続けるのは、結構しんどいですよね。

 

相手を責めているうちは、忘れようと楽しい時間を過ごしていても、どこか心のすみっこに影が落ちているようです。

 

 

 

 

 

 

 

私達がそういうダークサイドに陥ったとき、

だいたい忘れていることがあります。

 

 

 

 

 

 

相手側から考えることです。

 

 

 

 

 

 

 

今回の私の例で考えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私:愛するはりぼっちゃんに噛まれた。

 

私:はりぼっちゃんの小屋そうじが終わって、帰してあげようと抱き上げただけなのに。ひどすぎる。可愛いけど、やはり獣。

 

 

 

↓ ↓ ↓ はりぼっちゃん側からすると ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170508184855j:plain

 

 

はりぼ:噛んでやったぞ。あースッキリした。

 

はりぼ:飼い主は怖いやつだ。いつも急に来て、毛布でぬくぬくしているぼくを引きずり出そうとしたり、ぼくにスプレーをかけたりする。何を考えてるのか全然わからない。

 

はりぼ:これで少しはぼくが怒っているということが伝わったはずだ。

 

 

 

 

 

 

…という感じでしょうか。

(書いてて辛くなってきた…!)

 

 

 

 

 

噛まれた飼い主も辛いけど、

噛んだ方だって事情があったり今回の事とは別のことで苦しんでいたりするんですよね。

 

 

 

 

 

ひとたび怒りが消えると、それまで見えなかった自分の反省点が見えるようになってきます。

 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170508184916j:plain

 

 

 

ごめんよ、はりぼっちゃん…

 

飼い主がはりぼっちゃんをうまく慣れさせることができなかったから、ちょっとしたことがストレスになるんだよね。もうちょっと臆病なはりぼっちゃんをびっくりさせないように、気をつけなきゃね。

 

 

 

 

 

 

 

さて、みなさんはいかがでしょうか?

相手に腹が立ったとき、一度こんなふうに考えてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回それができたら

苦労しねーよっ!!

 

と、自分にツッコミを入れて締めくくりとしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ではまた(^^)

 

 

 

 

 

 

↓ おまけ ↓

噛んだハリネズミはこちら

 

f:id:poteharibo:20170508180023j:image

実家からカゴで運ばれるはりぼっちゃん。

顔を出したと思ったら見事なムス顔。

お鼻は潤ってプルプルです。

 

 

 

 

可愛いから許す(^^)