読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HARIBO TIMES

2015年9月よりハリネズミを飼い始めた主婦による、ハリボウ(2015/6/29生まれ)の観察日記です。更新するときはしまくるし、しないときは全然しないかも…。よかったらおつきあいください♪

そこが君のいいところ

 

こんにちは!

パートに行っている会社で、頼りにしてた社員さん達が同時に全員いなくなる事が決定という悪夢のような出来事がありまして、布団から出られなかった飼い主です。これが「まさか」ってやつなのね…!

 

 

そんなとき、布団の中でひさしぶりに開いたインスタグラム。ブログを見てくれている方からのメッセージが届いていました。

 

 

 

 

最近ハリネズミちゃんを飼い始めて、なかなか懐かず心が折れそうな中、このブログをみつけて励みにしてくれているとか……

 

 

 

 

 

 

 f:id:poteharibo:20170222130009j:image

(今LINEでみずほ銀行のこんなスタンプ配布してますよ)

 

 

はずみで起きました。

メッセージ本当にありがとうございました!!! 

 

 

 

こんなブログでも誰かを応援できているのだなぁ…と嬉しかったです。

 

メッセージをくれた方は、それがハリネズミ!ということを理解し、もし懐かなくても楽しんで愛を注いでいくと仰っていました。素晴しいです…!!

 

 

 

 

 

 

ご存知の方もいると思いますが、

 

うちのハリネズミは

まったく懐いていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1mmも懐いてはいません。

(大事なことなので二回言いました)

 

 

 

 

 

 

 

でも、私はとても幸せです。

 

今日もはりぼっちゃんが、餌を食べ、ウ◯コをし、フシュフシュ怒ってくれるからです。

 

 

 

 

 

ここだけ切り取るとヤバい奴になってる感じですが…もちろん最初からこんなに穏やかな気持ちだった訳ではありません。

 

 

 

 

 

最初、はりぼっちゃんと仲良くなろうと、積極的に触っていました。正直、早く慣れさせないと…という焦りの気持ちもありました。

 (もしよければ過去記事を遡ってみてくださいね!)

 

 

 

 

しかし、そもそもハリネズミという生き物は、体にこんなに針を生やしてしまったような生き物。

 

たぶん、そんなに他の生き物と仲良くなりたいとは思っていないのでしょう…。

 

 

(先週の志村動物園で、野犬と接するぺこさんが、なかなか心を開かない野犬に対して「でもすごいよ。もしうちらが宇宙人にさらわれたら、宇宙人に心開ける?」と言っていて、すごく納得しました。笑)

 

 

 

 

 

でも、

そこがハリネズミの可愛いところ

でもあります。

 

 

 

ビビりで、ちょっとしたことで固まったりフシュフシュ威嚇したり、即座に閉店してしまう…。

 

そんな、弱くて小さなハリネズミは、見ているほどに愛しく、守ってあげたくなる存在です。 

 

 

 

 

そういえば、はりぼっちゃんは自分と似ているなぁと思うことがあります。

 

ちょっとしたことですぐ布団に閉じこもってしまう自分。めちゃくちゃビビりなはりぼっちゃん。

 

 

たまたま飼いやすいからと選んだハリネズミですが、どこかに親近感を持っていたのかもしれません。

 

 

 

 

そんなはりぼっちゃんは今、

私の大切な心の支えとなっています。

…懐いてなくっても。

 

そして、もうムリに触ろうとはしていません。

 

 

 

 

 

いま読んでくれている方の中にも、慣れてくれないハリネズミちゃんと暮らしている方がいるかもしれません。

 

 

その子は、縁あって出会った、世界に1匹だけのハリネズミちゃんです。懐かなくっても。

 

 

ハリネズミを選んだあなたには、どこかハリネズミみたいなところがないでしょうか…?

 

 

なかなか心を開いてくれなくて、ちょっとさみしいかもしれないけれど、それはそのハリネズミちゃんの個性ではないでしょうか(^ ^)

 

 

そのハリネズミちゃんを少しでも幸せにしてあげられるのは…一生懸命お世話をしている、あなただけです。

 

 

ハリネズミちゃんは、もしかしたら、

愛というものがどういうことなのか、あなたに教えに来てくれたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すいません、偉そうに…!

こんなことばかり言ってると、カルテットのありすちゃんに罵倒されそうですね。

 

自分に言い聞かせていたようなことを、あらためてまとめてみました。

 

もし辛くなったら、このブログを見て「はりぼっちゃんよりはうちの子の方が慣れてるな〜」と思っていただけたらと思います。

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170222130421j:image

はりぼ「そうだぞ…巨人に懐く気なんか全然ないもんね…」

 

 

もう…元気でいてくれればいいよ!

 

 

f:id:poteharibo:20170222130453j:image

はりぼ「それにしても最近このブログ写真すくないぞ」

 

 

はりぼっちゃん、寒くなってから余計にお布団から出てきてくれないですからね。。しゃーないよ!それにすごいデブっちになったし。

 

 

 

 

 

それでは最後に、

現実的なお役立ち情報(?)を。

 

 

 

  • 優しい声をかけてみよう!

触れ合えないハリネズミちゃんでも、優しい声をかけることは効果的らしいです。(コミュニケーションをとれてる感があり、飼い主も救われる効果アリ◎)

 

  • しつこくするのも1つの手!

私は過保護に育ててしまいましたが、懐いた人によるととにかく触れ合いの機会を作っているようです。まだ赤ちゃんのうちに、大丈夫そうなら…スパルタも今後のハリネズミちゃんのためになるかも??しれません。(あくまで無理は禁物ですね!!)

 

  • 先駆者のありがたいお言葉

最後にこの言葉。どこかで見て私は心に焼き付けました。

 

 

 

 

 

「フシュりはただの挨拶」

 

 

 

 

 

 

ではまた (^ ^)

 

広告を非表示にする