読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HARIBO TIMES

2015年9月よりハリネズミを飼い始めた主婦による、ハリボウ(2015/6/29生まれ)の観察日記です。更新するときはしまくるし、しないときは全然しないかも…。よかったらおつきあいください♪

ハリボウのようす

 

心配してくれて、ありがとう。 

ハリボウはたくさんの人に可愛がってもらえてるな。

 

 

 

 

 

 

ハリボウの足の具合に気づく1日前から、

今までスマホで撮っていた写真を一眼に変えていました。

 

 

f:id:poteharibo:20151106115517j:plain

ハリボウ「ぐうぐう…」

 

 

f:id:poteharibo:20151106115526j:plain

f:id:poteharibo:20151106115532j:plain

うん、全然ちがう。

ハリボウの可愛い表情がより表現されてる!

 

いつごろからでしょうか、期間にしたら一週間ぐらい前からかな。夜になるとハリボウがこの場所で丸まっていることが多かったです。遊びたかったから布団から出たけど、うまく動けなかったのかな。

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20151106115547j:plain

ハリボウの歩き方に気づいた日。

3分ほど楽しそうにあちこち歩き回ったあと、ココで眠っていました。

もう前みたいにトコトコすばやく歩いたり、大好きな回し車はできないのか。そんなことが頭に浮かんでは涙の波が押し寄せます。

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20151106115602j:plain

ハリボウ「…ん〜?なんだ?」

 

昨日、帰宅したときのハリボウ。

そっと布団をめくると、いつもどおり眠そうに顔を上げました。

よかった、生きてた。。。と思った。

一日一日が前よりも貴重に感じられます。

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20151106115615j:plain

動けないのかなと思い、エサを平皿に入れて前に置いてみる。

今は食べる気はないそうですよ。

 

 

 

 

昨日ハリボウを部屋に出したらウン○をいっぱいしたので、今日も出してみました。短い時間だけど、一生けんめい歩きまわるハリボウ。あぁ、だめだ、どうしても涙が出てきてしまう。

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20151106115707j:plain

そのあいだに、床材のチップを撤去してペットシーツにしてみました。これで歩きやすくなるかもしれません。もともと以前から布団の下はチップをどかして寝ているようだったし、あまり好きではなかったのかも。

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20151106115634j:plain

もともとネガティブな飼い主、これが最後の1枚になるかもしれない、こんどこそ最後かもしれない、とシャッターを切る。そんなこと思って接していたらハリボウもかわいそうだろうと自分にツッコミを入れてみたり。。ハリボウ、ケージにもどろうね。

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20151106115723j:plain

ケージに戻しても、イガグリ状態のまま動かないハリボウ。このあと一時間ぐらいしたら出てきて、ケージ内をうろうろしました。いつもみたいに、エサや水を元気よく食べていました。水に溶かすビタミン剤をあげたら、ペロペロ美味しそうに飲んでアンティングしていました。このアンティングがまた、とてもし辛そうにしていて泣いてしまったんだけども。。そんなに美味しいなら早くあげればよかったね。

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20151106115737j:plain

あっ、ブロッコリーにお花の形が! 見えますか?

 

 

 

 

 今朝みたところ、夜中ある程度あばれたようで、ウン○まみれ&久しぶりにハウスがひっくり返っていてなんかホッとした。昨夜、目を離したとき倒してこぼしちゃっていた水の器は無事。回し車も頑張って乗ったようだけど、一カ所におしっこ染みが溜まっていたのであまり回せなかったんだろうなと思うと辛かった。

 

ひとつ、気になるウン○がありました。粘膜に包まれていて、ブニブニしていて赤黒い。今朝近所の動物病院に連れていったとき持って行ったけれど、そこの先生じゃよくわからなかったみたい。エキゾチックアニマルを診ているそうだから少し期待して行ったけど、ハリネズミというだけであまり診る気はないように見えました。いちばん新しいフンは悪くないけどな〜と言ってフンだけ見ているような…。もっと足とか診てくれよと腹が立ったりもしたんですが、そもそもハリネズミ自体がまだ珍しいし、完治の例のない病気の可能性が高い状態…仕方のないことかなと思った。腫れた顔で泣きながら現れ、諦めの表情でケージを抱えそそくさと帰っていく女。きっと変な奴と思われたにちがいない。いちおう寄生虫の検査だけはしてくれるらしい。


 

  

 

あぁ、どうしようもないんだろうなって覚悟しつつも、つらすぎる。。

少しの望みをかけて、PCメールで何件かにコンタクトを取ってみました。明日は土曜日。動物病院はけっこう土日もやっているようで、よかった。でも、変に期待を持つのもつらい。情報の少ないWHSだけど、発症したという記事のあるハリネズちゃんブログがみつかっても発症から1、2ヶ月後の日付で亡くなった報告の記事があるのだから。ひさしぶりに、生きることってこんな辛いこともあるんだったなって思い出した。WHSの研究が進んでたくさんのハリネズミが助かる日が来ますように。そして、書くと叶わないかもしれないと思っちゃう私の願い事も。神様ってこういうとき恨みつつも祈っちゃうなあ。

 

 

もともとハリボウのことを書きたい一心で始めたこのブログ。まだ2ヶ月でこんな記事を書くとは思わなかった。書くことで今、落ち着かせてもらっております。気にかけて読んでくれる方も、ありがとう。

 




※追記。

これだけ大げさに悲しんでおいて言いにくいのですが…飼主の早とちりでございました。足の不調は病気でなくケガでした。

広告を非表示にする