読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HARIBO TIMES

2015年9月よりハリネズミを飼い始めた主婦による、ハリボウ(2015/6/29生まれ)の観察日記です。更新するときはしまくるし、しないときは全然しないかも…。よかったらおつきあいください♪

ハリネズミって何年生きるの?

ハリネズミの生態

 

こんにちは。

 

最近、私がハリボウの話をすると動物嫌いの夫が突如

 

 

 

 

「はりぼっはりぼっはりぼっはりぼっはーりぼーーーーーー!!!」

 

 

f:id:poteharibo:20170329131719j:plain

 

とどこかの原住民の掛け声のように歌い出すようになりました。

 

 

…さすがの私でも引きます。

新手の話を遮る技なのでしょうか。

ハリネズ話なんかすんなってことか?

 

 

 

 

 

 

 

ところで最近、こんな片隅でやっているブログでもじわじわとアクセスが増えてきたので、それに便乗して…ちょっと日々思っていることを手短に話してみようと思います。

 

この記事にはハリネズミが何年生きるかは書いていません。すいません。表題のように聞くことについて、なんでやねんというお話です。

( ハリネズミの寿命を知りたい方はGoogle先生に聞いてね! )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何歳?」というのは初めてペットの話をするときに、よく聞かれる質問トップ3に入るのではないかと思います。

 

そしてその流れで無邪気に聞かれがちなのが、

 

 

 

 

「何年生きるの?(^ ^)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にハリネズミなんて珍しげな動物だったら知りたくなることでしょう。わかります、わかりますよ。(まぁ犬でもわりと聞かれましたが…。)

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなとき私はこう思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お前の家族の寿命も

    聞いてやろうか?(^^)」

 

 

 

 

 

 

 

 

…すいません。

本音がこぼれすぎました。

 

 

 

 

 

私はよく、同じ人に同じ話を二回して帰路でひとり悶えているような人間なので、誰に言われたかとかは忘れちゃいます。

 

でも、言われたその言葉だけは胸に溜まっていて、ふとした瞬間に苦しめられることになるのです。

 

 

 

 

そもそも、飼い主なんてペットの寿命いつも意識しとるんです。

 

自分よりは確実に寿命の短いだろう生き物を毎日世話して、体調の変化に一喜一憂して、今日も元気だ、あーよかった!とか思っとるんです。

  

なぜ、今を一生懸命生きている動物を前にして、終わりの日を想像しなくてはいけないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、悪気がないのはわかってますよ。

 

人はなぜだか、なんでもはっきりさせたくなる生き物だから。ただ何気なく知っておきたいだけなんだろうな〜と。

 

 

 

でも、

 

そこに思いやりはありますか?

(自分にも忘れないように言い聞かせたい)

 

 

 

 

寿命の話だけに限らず人間関係において、具体的なこと…とりわけ数字にかかわる話はしないほうが間違いないなと三十路になった最近になって思います。年齢、偏差値、収入…などなど。なぜなら数字の話は比較がしやすいからです。

 

 

 

 

 

 

ひとつ心に留めておいていただけたら…と思うのは、飼い主にとってペットは家族の一員だということです。

 

 

 

 

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんに「あと80年生きられるね!」って言いませんよね…?

 

余命宣告された人に「あとどれぐらい生きられるの?」ってぜったい聞きませんよね…?

 

敬老の日おじいちゃんおばあちゃんに良かれと思って贈られる「長生きしてね」という言葉も、一体どういう意味なの…?

 

 

 

 

 

って、こんなこと気にしているの私だけかもしれませんね。ほんとめんどくさい奴ですよね。すいません。

 

 

でも、もしかしたら人によっては気にしているかもしれないのです。だったらそんなことは聞かない方が無難なのではないでしょうか…?

 

 

 

 

 

 

 

人間相手に言ったら場が凍りつく言葉。

 

でも動物に対しては…

 

 

 

「全然答えるよ!だって動物のことだもんね!ヘーキヘーキ(^ ^)」ってフリをして、サラッと答えなきゃいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物。

人間が上で動物が下なんて、

誰が決めたのでしょうか。

 

名前がよくないのかな、動く物ってそんな。。

 

 

 

 

 

たまたま立ち止まってくださったあなたに、できたら意識してもらえたらと思うのは、シンプルにひとつだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットは家族

 

 

 

ということです。

たったこれだけなのです。

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170329131737j:plain

 

 

 

 

例えば私にとって家族とは。

 

 

 

一緒に暮らしている夫、ハリボウ、

そして私の親や兄弟、夫の親や兄弟、

一緒に住んでなかったけど祖父母たち。

 

そして去年の春に死んだ実家の大事な犬ころん、高校生のとき一緒に暮らしてたハムスターりっちゃん、ウズラのうずら&うらら&うぴぴ、亀たち魚たち。

 

 

 

亀たち魚たちには興味が薄いところが私の中途半端さをよく表していますね…。

 

 

 

私自身もそんな感じなので、動物に対する想いは人それぞれ違うってしょうがないのかなと思います。

 

 

同じように思えなくってもいい。単なる「マナーとして」でいい。ペットの飼い主への言葉を選んでもらえたらいいなーっと思います。 

 

 

 

そしたら寿命の話でなくてもきっと、「おっ、こいつわかってるな!」って思ってもらえますよ。たぶん。

 

 

 

 

 

ぜんぜん手短じゃなくなってしまった。。

ではまた(^ ^)

 

 

 

 

 

 

うちのハリネズミは大体いつも不機嫌

ハリボウ観察日記

 

鼻をかみすぎて、花粉症はティッシュ会社の陰謀なんじゃないかと疑い始めた飼い主です。こんにちは。

 

 

 

最近カメラにハマり始めたらしい妹がはりぼっちゃんを見に来たので、普段なかなか撮れないはりぼっちゃんとのふれあい写真を撮ってもらえました。

 

そしてズボラな飼い主は最近めっきり一眼を触らないので、綺麗な写真を撮ってもらえるということでブログ的にも非常にありがたいです。

 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220414j:image

巨人とハリネズミの異文化交流です。

そこには虫という架け橋が必要不可欠。

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220502j:image

飼い主「ほーら虫だよ〜ほーら」

(これで長時間ふれあえるかと思いきや、はりぼっちゃんは諦めのいいハリネズミなので持って数秒です)

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220515j:image

飼い主「あっ」

はりぼっちゃん「うまい」

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220550j:image

とお〜くから撮っています。

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220600j:image

とお〜くから見られています。

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220528j:image

なぜか靴下をしつこく噛み噛みしてくることがあるので油断できません。

(関係ないけど飼い主のスソの洗濯バサミ跡が気になる)

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220618j:image

安全なところから巨人を監視しています。

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220628j:image

隠れてるつもりのようです。

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220640j:image

ちょっと近寄ってきた…?

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220653j:image

はりぼ「なに撮ってるんだよう…!」

 

 

 

f:id:poteharibo:20170319220703j:image

はりぼ「虫くれるんだろうな!!」

 

今日の虫は終わりました。

 

 

 

 

 

今日も安定のむっすり具合な

はりぼっちゃんなのでした。

 

 

 

 

ましまし1.5倍ハリネズミ

ハリボウ観察日記

 

花粉の季節…来ちゃいましたね〜。

 

家では鼻にティッシュ詰めてる飼い主です。

こんにちは。

 

 

 

さてさて、最近のはりぼっちゃんですが…

 

 

 

 

デブハリまっしぐらです。

 

 

 

先日の記事でも書いたように、

どうやらデブハリの軌道に乗ったらしい。

デブハリの軌道 - HARIBO TIMES

 

 

 

 

 

前の不健康な痩せハリ時代と比べると

健康的でよろしいのですが、

 

 

 

10月ごろ迄:300〜320gをさまよう

     ↓

2月から現在:480g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…って、1.5倍!?(((;゚Д゚)))

 

 

 

 

 

 

 

〜あのころ〜

 f:id:poteharibo:20170315184006j:image

 

 

〜このごろ〜

 f:id:poteharibo:20170315190205j:image

 

 

 

 

形かわってるよね!?

 

 

 

 

性格も微妙に変わりました。

あんまり食べなかった日中のフードも布団に引き込んでまで完食するようになり、 あんなにゴーッと回していた回し車もおざなりに。

もはや完全なるデブキャラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、はりぼっちゃんがこのように1.5倍増しになったのには、理由がありまして…。

 

 

 

 

 

秋頃まで300g〜320gをいったりきたりだったはりぼっちゃん。それはお腹の調子が安定しなかったからでした。

 

なぜお腹をくだすのか。病院の先生に詰め寄ったり、エサを変えてみたり、温度に気をつけてみたり…原因不明と戦う苦悩の日々。

 

 

 

 

しかし、夫の実家に帰省するときなどに飼い主の実家に預けられているときは、いつも不思議と良いウン○をしているらしいはりぼっちゃん…。

 

 

な、なぜなんだ…??

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ考えてたどり着いた結論は

 

 

 

 

 

 

 

 

飼い主の手の菌でした(T ^ T)

個人的な推測です。虫減らしたのも関係あるかも。

 

 

 

実家では茹でたササミを触らないようにしていたそう。対する私は、ササミを細かく包丁で刻んだ後、いつも自分の料理のときにしているようにサッと手で皿に移していました…。

 

 

スマートフォンには公衆トイレの何倍もの菌が付いているなどと聞くように、きっと私の手にも少なからず菌が付いていたのでしょう…。そしてササミに付着した菌は、一晩のうちにペットヒーターでどんどん培養され…!!!

 

 

 

ササミにノータッチ作戦に切り替えたのち、みるみる体重を増やしていったはりぼっちゃん。本当にごめんよ…(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)

 

獣医さんによると、お腹の弱い強いにもそれぞれのハリネズミちゃんの個体差があるようです。

 

 

 

 

 

今でもたまにお腹の調子が不安定なときもあるけど、全然ましになった。

そして体重もましましになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170315184749j:image

この大満足のボリューム感…!

 

 

 

f:id:poteharibo:20170315184835j:image

そしてこの立派な二重アゴ…!

 

 

f:id:poteharibo:20170315184916j:image

なんだか貫禄でちゃいました…。

 

 

 

 

 

でもこれが適正体重。

前のスッとしたはりぼっちゃんも捨てがたいけど、健康がいちばんだね(^^)

 

 

 

 

見よ…この堂々たる二重アゴを。

 

 

 

 

 

 

↓おまけ↓

 

f:id:poteharibo:20170315185038j:image

その顔は…あかん。

 

 

ガッサガサの季節ふたたび

飼育環境・お世話グッズ

 

最近テレビの中の人をモアイにして遊んでいる飼い主です。こんにちは。

 

f:id:poteharibo:20170226121124j:image

 

 

 

さて、一年ほど前にアップしてから、このブログ内で人気上位をずっとキープしている記事があります。それは。

 

 

 

 

 

poteharibo.hatenadiary.jp

  

みんなハリネズミがガッサガサなんでしょうか…。

 

 

 

 

 

 

実を言うと、

ハリボウ今年もガッサガサです。

 

 

 

 

 

 

去年、紙製の加湿器で解決したと思われた乾燥問題なのですが…。

 

結局ケージ内でヒーター保温するようになったので、ケージ内に加湿器を設置する訳にいかず、何も対策できていないままだったのです。

 

 

 

しかし日に日にガッサガサになっていくハリボウ。毎晩のぼったりおりたりしているであろうロフトには毎日こんなに大量のフケが…

 

 

…あっ、フケの写真よろしいですか?

 

 

フケの写真のせますよ。

いいですか???

 

 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170226121734j:image

間違いなくガッサガサだわ、これ…。

(人生初、フケの写真をネット上にアップしました。)

 

 

 

 

 

 

なにかいいアイテムはないかと、ずっとネットで調べていたのですが、コレだという情報がみつからず…

 

  • オートミール風呂…これが一番ポピュラーそうだが、合わないこともあるらしいし、あいつ風呂めちゃくちゃ怒るしなぁ。
  • 他の動物用の保湿スプレー…天然成分のオイルやハーブを使っているそうだが、ハリネズミに合うのかがグレーそう。
  • 白色ワセリン…1mmも懐いていないあいつに塗る?!どうやって?!!

 

 

 

という感じでして、なんかこう、丸まってる背中からでもプシュプシュっと針の隙間に届くような保湿スプレーはないものか!!!もう!!キーーー!!!

 

 

 

 

 

 

…と、渇望してたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

ありました。

 

 

 

 

これです。

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:poteharibo:20170226125226j:image

これだーーーーーっ!!!

 

 

 

 

 f:id:poteharibo:20170226125233j:image

おフランス製…だと……??

 

 

とはいえ、お値段は良心的な2,500円程度。

尿素や乳酸など、ダイレクトに効きそうな原料でできています。

 

 

 

 

 

 

結局はりぼっちゃんを動物病院に連れてって、先生がもったいぶるところを欲しいと言いまくったら出てきたこのアイテム。

 

 

 

 

 

 

 

先生「これは哺乳類全般に使えます」

 

 

 

飼い主「アトピー持ちの夫にも…?」

 

 

 

先生アトピーのワンちゃんにもお出ししてます

 

 

 

 

 

 

 

先生と握手しそうな勢いで喜んで帰宅しました。

 

 

 

 

 f:id:poteharibo:20170228095341j:image

はりぼっちゃん移動用バスケット。ペットシーツをフカフカに詰めて布団を掛けてサンドイッチ。

 

 

 

 

はりぼっちゃんは腹が減っていたのか、小屋に戻ってすぐガツガツ餌を食べ、プリプリ怒りながら布団に潜っていったので、翌朝の掃除の時に試すことに。

 

 

 

 

 

 

 

ー翌朝。

 

はりぼっちゃん、覚悟! 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170227173219j:plain

 

 

 

 

 

 

こ、このリアクション…。

予想はしてたけども…。

 

 

 

 

 

 

【はりぼっちゃんビジョン】

f:id:poteharibo:20170227173231j:plain

こういうことだよなぁ…。

 

 

 

 

 

 

ちょっと胸が痛むけど、効果があるのなら続けていかないかんなぁ…。これが頼みの綱な訳だし…はりぼっちゃん、ちょっとガマンしておくれよ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー後日。

 

 

…お??

 

あの針の隙間から見えるガッサガサで白くなっていた肌が、ツヤツヤとしたピンク色に…!!!

 

 

f:id:poteharibo:20170228174918j:image

※すいません。ビフォー写真を撮るのをすっかり忘れておりました。

 

 

 

 

 

こんなに願いがすんなり報われること...

最近なかったよ(T▽T) 

 

 

 

 

 

よい夢が見られそうです。

ちょっとはりぼっちゃん臭くなったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ご注意☆

個体差で合う合わないもあると思いますので、よくご検討の上、そのハリネズミちゃんに合うかどうかを観察しながらお使い頂くのがよいと思います(^ν^)あと、耳の穴に入りやすいので要注意。

 

 

 

 

 

 

↓おまけ↓

 

 

 

f:id:poteharibo:20170227173417j:plain

 

2日で慣れたようです。

 

道端のイガグリとなる事で乗り越えたようです。

やっぱ弱々しく見えて図太いんじゃないか…?

 

 

 

 

 

 

 

 

そこが君のいいところ

ハリネズミの生態 ハリボウ観察日記

 

こんにちは!

パートに行っている会社で、頼りにしてた社員さん達が同時に全員いなくなる事が決定という悪夢のような出来事がありまして、布団から出られなかった飼い主です。これが「まさか」ってやつなのね…!

 

 

そんなとき、布団の中でひさしぶりに開いたインスタグラム。ブログを見てくれている方からのメッセージが届いていました。

 

 

 

 

最近ハリネズミちゃんを飼い始めて、なかなか懐かず心が折れそうな中、このブログをみつけて励みにしてくれているとか……

 

 

 

 

 

 

 f:id:poteharibo:20170222130009j:image

(今LINEでみずほ銀行のこんなスタンプ配布してますよ)

 

 

はずみで起きました。

メッセージ本当にありがとうございました!!! 

 

 

 

こんなブログでも誰かを応援できているのだなぁ…と嬉しかったです。

 

メッセージをくれた方は、それがハリネズミ!ということを理解し、もし懐かなくても楽しんで愛を注いでいくと仰っていました。素晴しいです…!!

 

 

 

 

 

 

ご存知の方もいると思いますが、

 

うちのハリネズミは

まったく懐いていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1mmも懐いてはいません。

(大事なことなので二回言いました)

 

 

 

 

 

 

 

でも、私はとても幸せです。

 

今日もはりぼっちゃんが、餌を食べ、ウ◯コをし、フシュフシュ怒ってくれるからです。

 

 

 

 

 

ここだけ切り取るとヤバい奴になってる感じですが…もちろん最初からこんなに穏やかな気持ちだった訳ではありません。

 

 

 

 

 

最初、はりぼっちゃんと仲良くなろうと、積極的に触っていました。正直、早く慣れさせないと…という焦りの気持ちもありました。

 (もしよければ過去記事を遡ってみてくださいね!)

 

 

 

 

しかし、そもそもハリネズミという生き物は、体にこんなに針を生やしてしまったような生き物。

 

たぶん、そんなに他の生き物と仲良くなりたいとは思っていないのでしょう…。

 

 

(先週の志村動物園で、野犬と接するぺこさんが、なかなか心を開かない野犬に対して「でもすごいよ。もしうちらが宇宙人にさらわれたら、宇宙人に心開ける?」と言っていて、すごく納得しました。笑)

 

 

 

 

 

でも、

そこがハリネズミの可愛いところ

でもあります。

 

 

 

ビビりで、ちょっとしたことで固まったりフシュフシュ威嚇したり、即座に閉店してしまう…。

 

そんな、弱くて小さなハリネズミは、見ているほどに愛しく、守ってあげたくなる存在です。 

 

 

 

 

そういえば、はりぼっちゃんは自分と似ているなぁと思うことがあります。

 

ちょっとしたことですぐ布団に閉じこもってしまう自分。めちゃくちゃビビりなはりぼっちゃん。

 

 

たまたま飼いやすいからと選んだハリネズミですが、どこかに親近感を持っていたのかもしれません。

 

 

 

 

そんなはりぼっちゃんは今、

私の大切な心の支えとなっています。

…懐いてなくっても。

 

そして、もうムリに触ろうとはしていません。

 

 

 

 

 

いま読んでくれている方の中にも、慣れてくれないハリネズミちゃんと暮らしている方がいるかもしれません。

 

 

その子は、縁あって出会った、世界に1匹だけのハリネズミちゃんです。懐かなくっても。

 

 

ハリネズミを選んだあなたには、どこかハリネズミみたいなところがないでしょうか…?

 

 

なかなか心を開いてくれなくて、ちょっとさみしいかもしれないけれど、それはそのハリネズミちゃんの個性ではないでしょうか(^ ^)

 

 

そのハリネズミちゃんを少しでも幸せにしてあげられるのは…一生懸命お世話をしている、あなただけです。

 

 

ハリネズミちゃんは、もしかしたら、

愛というものがどういうことなのか、あなたに教えに来てくれたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すいません、偉そうに…!

こんなことばかり言ってると、カルテットのありすちゃんに罵倒されそうですね。

 

自分に言い聞かせていたようなことを、あらためてまとめてみました。

 

もし辛くなったら、このブログを見て「はりぼっちゃんよりはうちの子の方が慣れてるな〜」と思っていただけたらと思います。

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170222130421j:image

はりぼ「そうだぞ…巨人に懐く気なんか全然ないもんね…」

 

 

もう…元気でいてくれればいいよ!

 

 

f:id:poteharibo:20170222130453j:image

はりぼ「それにしても最近このブログ写真すくないぞ」

 

 

はりぼっちゃん、寒くなってから余計にお布団から出てきてくれないですからね。。しゃーないよ!それにすごいデブっちになったし。

 

 

 

 

 

それでは最後に、

現実的なお役立ち情報(?)を。

 

 

 

  • 優しい声をかけてみよう!

触れ合えないハリネズミちゃんでも、優しい声をかけることは効果的らしいです。(コミュニケーションをとれてる感があり、飼い主も救われる効果アリ◎)

 

  • しつこくするのも1つの手!

私は過保護に育ててしまいましたが、懐いた人によるととにかく触れ合いの機会を作っているようです。まだ赤ちゃんのうちに、大丈夫そうなら…スパルタも今後のハリネズミちゃんのためになるかも??しれません。(あくまで無理は禁物ですね!!)

 

  • 先駆者のありがたいお言葉

最後にこの言葉。どこかで見て私は心に焼き付けました。

 

 

 

 

 

「フシュりはただの挨拶」

 

 

 

 

 

 

ではまた (^ ^)

 

広告を非表示にする

ハリネズグッズその21〜24

飼育環境・お世話グッズ

 

最近、ドラマ「カルテット」に激ハマりしてしまい、毎週火曜日を楽しみに生きている飼い主です。(次の週まで3回は観ます)

こんにちは。

 

 

さて、

ハリネズグッズがまたもや

溜まってきたのでご紹介します!

 

 

 

 

No.21

海洋堂「不思議ペットコレクション」

f:id:poteharibo:20170216104237j:image

(ホコリ溜まっててすいません)

 

 

さすがの海洋堂クオリティ!!

小さいのによく作られています。

あのハリネズの、意外にスッとしたあんよから覗く腹下の空間が見事に再現されており、マニアにはたまりません。これは痩せハリですね。懐かしい。

 

運試しにトライしましたが、私にしては珍しく、一発ではりぼっちゃんカラーをゲット。

…ちょっと写真よりブサイクかな。

 

それにしても最近のガチャポンは高いですね…!なんでも値上がりしてるしょうがないけどなぁ。

 

 

 

 

No.22

キャンドゥ アンティーク風の置物

 f:id:poteharibo:20170216104229j:image

 

なんでも値上がりしてる世の中で、100円ショップだけはコスパを極めていってますね…。

 

これで100円…大満足です。

可愛いとは言えないけど、なんかシャレオツな雰囲気でてます。

 

たしかガーデニングコーナーのあたりにあったので、植木鉢に置いたりすると可愛いよってことなのでしょうか。うん、いいねそれ!

 

 

 

 

No.23

切手「身近な動物シリーズ第3集」

f:id:poteharibo:20170216104300j:image

 

このように、可愛すぎる消耗品です。

教えてくれた友人、ありがとう!

 

ハリネズミがメインを張ってます…!!

 

ばっきゃろう…!

使えるかこんな可愛いの…!!

 

 

…インコから使おうかな。

(インコもとても可愛いですそしてオシャレですインコ飼いの方すみません)

 

f:id:poteharibo:20170216104244j:image

お前ら全員可愛いよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

No.24

アプリ「nohana」フォトブック

f:id:poteharibo:20170216104317j:image

もうこれグッズではないのですが…

 

作っちゃいました、はりぼっちゃんブック!!

 

前から気になってた、月に一冊無料※で写真20ページのフォトブックがもらえるアプリを試してみました。

※送料216円

 

 

f:id:poteharibo:20170216104324j:image

薄いです。でも、いいサイズ。

持ち歩き用にもいい感じ。

 

 

 

f:id:poteharibo:20170216104333j:image

本体は小さめだけど写真は大きくプリントされていて満足感があります。

 

f:id:poteharibo:20170216104341j:image

今回は可愛いだけじゃない等身大のはりぼっちゃんをセレクト。うーん、いつも画面で見てる写真を紙で見るのいいなぁ…。

 

追加は1冊540円だそうです。

なんで無料…?!と思ったけど、これは追加で増刷したくなるわ。なるほどね。

 

思わず実家の分も作ろうかと思っちゃいましたが今回はお試し。また作りたい!

 

 フォトブック毎月1冊無料で印刷 ノハナ(nohana) on the App Store

 

 

 

 

 

 

ハリネズグッズなんて…

もう増やさないんだからね!!

 

 

 

 

 

↓おまけ↓

ちかごろ爆買いしてしまったハリネズミと関係ない本たち。もう本屋にはしばらく近寄りません。

 

白い犬

白い犬

 

春に死んだ自分の犬の写真を見るのは辛いので他の家の犬を見たくて購入。こっちの犬もいなくなって切ない結末でした。いい意味でフツーの生々しい犬がたくさん載った、フツーでない写真集です。

 

マンガでわかる「西洋絵画」の見かた: 美術展がもっと愉しくなる!

マンガでわかる「西洋絵画」の見かた: 美術展がもっと愉しくなる!

 

 絵の解説だけでなく、天才画家たちも人間なんだな…と身近に感じられる小話もたくさん。私はシュールレアリスムとかムンクとか、なんか歪んだ系の作風が好きです。

 

いつかオーロラを見に行きたい。という夢をずっと持ってたい。写真ありイラストあり、現地民の歴史や暮らしの詳しい解説ありと永久保存版な一冊。2000円弱でオーロラ見に行ったような気持ちになれると思ったら、なんだかお得。

 

進撃の英語

進撃の英語

 

例文とか、ショッキングな内容の方が頭に残るって言いますよね。原作そのままの日本語ページと英語のページが交互に掲載されていてわかりやすく、ポイントの解説もあり。あぁ、英語できるようになりたい気持ちだけはずっとあるけど、気持ちだけでできるようになればいいのに。

 

 

 

おまけで語り過ぎました。

ではまた♪

 

心まで寒くなる話

ハリボウ観察日記

 

こんにちは、飼い主です。

 

今年は雪がよく降りますね。

年明けて立春すぎて気持ちは春だというのに、まだまだ寒い日が続きそうです。

 

 

寒い話といえば…

 

 

 

 

 

 

先日の記事のロフトを作りにホームセンターに行ったときに、1年前に小屋を作ったときハリネズミを飼いたいと言っていた店員さんと再会しました。

 

↓店員さんが出てくる話

ハリネズ小屋、完成!! - HARIBO TIMES

 

 

 

 

 

私「飼ったんですね〜!ハリネズミのことならなんでも聞いてくださいね(ドヤ顔)!」

 

店員さん「あ、はい!(苦笑い)」

 

私「なついてますか?(きっとうちと同じでなついてなくて困ってるだろう…ふふふ)

 

店員さん「全然なついてますよ!もう腹とかすぐ見せてきますよ!」

 

私「え」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題を変えましょう。

 

 

そういえば、私がはりぼっちゃんのいる部屋に入るとこんな音がすることがあるんです。

 

 

f:id:poteharibo:20170209180759j:plain

 

「ガサ!ドタドタドタ…シーン…」

 

です。

決まってこの流れなのです。

 

 

 

f:id:poteharibo:20170209180810j:plain

 

 

 

中を覗いてみると、はりぼっちゃんが布団の外に出てはいるのですが

 

 

f:id:poteharibo:20170210170944j:plain

最も安全と思われるケージの奥で、まるで無機物のように固まっているのです。

 

 

 

 

たぶんこういうことなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170209180841j:plain

 

 

 

f:id:poteharibo:20170209180852j:plain

 

 

 

そしてシーン…という訳です。

 

必死でドタドタ言うぐらい走って、心臓バクバク状態で道端のイガグリを演じているかと思うと、なんとも切なくなりますよね…!

 

 

 

 

 

 

 

 

…私はあれか?

 

 

 

 

 

 

 

未確認巨大生物か??

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170209180904j:plain

↑はりぼっちゃんビジョン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうさ。

 

ただはりぼっちゃんと仲良くしたいだけの未確認巨大生物さ…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:poteharibo:20170209180912j:plain

未確認巨大生物の差し出す虫は秒速で食べる。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする